目玉おやじの白内障手術 奮戦記   2020年2月29日(日)

白内障 検索 奮戦記
白内障 検索

 

白内障 Google調査

白内障についてネットではどうようなキーワードで検索されているかをGoodKeyWordで確認した結果が上の画像です。

白内障 手術、目薬、予防のキーワードで検索している方が非常に多い、やはり 白内障の手術を心配して検索している方が多いのだろう。

 

次に白内障の目薬が届く前に白内障についてGoogleで検索。

眼科の病院関係のサイトが上位にランキングされており、白内障の原因、症状、手術について一般向けに図解入りで掲載されている。

下の図のようにGoogleに広告を出している地元の眼科病院が上位で表示され、その後に有名な大手の目薬メーカーが表示されている。

多くの眼科病院関係のサイトで白内障の症状、原因、予防および手術、眼内レンズについて患者向けに概要を分かり易く解説しているが白内障 患者の生の声を掲載したサイトは少ない、と言うか上位には上がっていない。

実際に白内障を患い、手術した有名人としては大桃美代子さん、柴田理恵さん、モト冬樹さん、小林 よしのりさんがいる。

有名人、著名人の白内障 手術

白内障にかかった有名人、著名人(タレント、芸術家など)。著書やブログなどで公開されている手術の体験談などは白内障患者には参考になる。

大桃美代子さん

2013年2月に眼科で診察を受けたところ、ストレスや遺伝やアレルギーが原因で初期の若年性白内障を発症していることが判明。、2014年6月に手術を受けたとの事です。

参考サイト:白内障|大桃美代子オフィシャルブログ「桃の種」Powered by Ameba

 

モト冬樹さん

モト冬樹さんは白内障で多焦点眼内レンズを使っています。

遠視と近親と乱視を矯正できるレンズで裸眼で1.0迄回復したとのことです。

参考サイト:モト冬樹 オフィシャルブログ「ツルの一声」

柴田理恵さん

2014年に白内障と診断され、2016年2月に手術

ただ、白内障を手術したことでまぶしくなり、外ではサングラスが手放せないらしい。仕事ではダテ眼鏡もかけているとの事。

 

小林 よしのりさん

漫画家の小林 よしのりさんは白内障にかかり、手術を受け、その体験を漫画に描いた猛者。

漫画『目の玉日記』は小林 よしのりさんが白内障の手術を受けるまでの経緯を綴ったコミックエッセイ。漫画家にとって目の病は死活問題。自分に置き換えて想像してもぞっとする。本が読めない、プロレスが見られない、そもそも仕事は勿論、日常生活すらままならなくなる。

Amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました